金相場(プラチナ)推移:2008年4月

金相場(プラチナ)国内推移:2008年4月

日付/品位 金相場 プラチナ
2008/4/1 ¥3,063 ¥6,660
2008/4/2 ¥3,008 ¥6,547
2008/4/3 ¥3,076 ¥6,728
2008/4/4 ¥3,085 ¥6,773
2008/4/7 ¥3,115 ¥6,829
2008/4/8 ¥3,156 ¥6,939
2008/4/9 ¥3,146 ¥6,939
2008/4/10 ¥3,160 ¥6,863
2008/4/11 ¥3,145 ¥6,850
2008/4/14 ¥3,096 ¥6,751
2008/4/15 ¥3,126 ¥6,642
2008/4/16 ¥3,149 ¥6,667
2008/4/17 ¥3,211 ¥6,908
2008/4/18 ¥3,218 ¥6,987
2008/4/21 ¥3,197 ¥7,056
2008/4/22 ¥3,156 ¥6,907
2008/4/23 ¥3,164 ¥6,984
2008/4/24 ¥3,123 ¥6,864
2008/4/25 ¥3,081 ¥6,791
2008/4/28 ¥3,111 ¥6,829
2008/4/30 ¥3,033 ¥6,627

金相場(プラチナ)NY推移:2008年4月

日付/品位 金相場 プラチナ
2008/4/1 $921.50 $2,043.40
2008/4/2 $887.80 $1,937.80
2008/4/3 $900.20 $1,964.60
2008/4/4 $909.60 $2,012.90
2008/4/7 $913.20 $2,030.50
2008/4/8 $926.80 $2,046.90
2008/4/9 $918.00 $2,029.60
2008/4/10 $937.50 $2,044.60
2008/4/11 $931.80 $2,045.00
2008/4/14 $927.00 $2,028.10
2008/4/15 $928.70 $1,981.50
2008/4/16 $932.00 $1,986.40
2008/4/17 $948.30 $2,037.30
2008/4/18 $942.90 $2,061.50
2008/4/21 $915.20 $2,071.30
2008/4/22 $917.60 $2,027.30
2008/4/23 $925.20 $2,037.40
2008/4/24 $909.00 $2,018.80
2008/4/25 $889.40 $1,970.70
2008/4/28 $889.70 $1,968.00
2008/4/30 $876.80 $1,940.10

金相場国内推移:2008年4月

金相場国内推移:2008年4月

プラチナ相場国内推移:2008年4月

プラチナ相場国内推移:2008年4月

金相場NY推移:2008年4月

金相場NY推移:2008年4月

プラチナ相場NY推移:2008年4月

プラチナ相場NY推移:2008年4月

2008年4月|金相場市況ニュース

4/30
NY貴金属=金相場、プラチナ相場下落。
終値($/OZ)
金 865.10 -11.70
プラチナ 1935.20 -4.90
NYドル/円 103.98円
NY貴金属市場の金は、下落。朝方は金融政策発表を目前に控えて模様眺めを決め込む向きが続いていたが、終盤、連邦公開市場委員会(FOMC)が大方の予想通り0.25%の政策金利の利下げを決めると、小幅ながら売り買いを交錯するなか引けにかけて売りが膨らんだ。

4/29
NY貴金属=金相場、プラチナ相場下落。
終値($/OZ)
金 876.80 -18.70
プラチナ 1940.10 -38.50
NYドル/円 104.07円
NY貴金属市場の金は、下落。外為市場でドルが対ユーロで上昇したことや、原油先物相場が需給逼迫(ひっぱく)懸念の後退から下落したことも金相場を圧迫した。連邦公開市場委員会(FOMC)での政策金利の決定待ちで手控えムードが広がった。

4/25
NY貴金属=金小幅高、プラチナ小幅安。
終値($/OZ)
金 889.70 +0.30
プラチナ 1968.00 -2.70
NYドル/円 104.45円
週末NY貴金属市場の金は、小幅高。朝方は880ドルまで下げ、約3週間ぶりの安値をつけたが、その後原油相場が1バレル=119ドル台に回復したことや、安値拾いの買いに上伸した。終盤、外為市場でのドル上昇を眺めて売りが膨らみ上げ幅を縮小して引けた。NY外為市場でドルが米連邦準備理事会(FRB)の利下げ停止観測で上昇。

4/24
NY貴金属=金相場、プラチナ相場下落。
終値($/OZ)
金 889.40 -19.60
プラチナ 1970.70 -48.10
NYドル/円 104.35円
NY貴金属市場は、下落。一部米経済指標の内容が好調だったことや、米利下げ観測が後退したことから、外為市場でドルは対主要通貨に対して強含みに推移。これ受け、割安感から手じまい売りが広がった。原油先物相場が下落したことも金売りにつながった。

4/23
NY貴金属=金相場、プラチナ相場下落。
終値($/OZ)
金 909.00 -16.20
プラチナ 2018.80 -18.60
NYドル/円 103.44円
NY貴金属市場の金は、下落。前日はドルが対ユーロで最安値を更新するなど、ドル建て商品に割安感が出たことから、原油、穀物などの商品相場がそろって上伸した。しかし、この日は外為市場でのドルの堅調な動きを眺めて流れが反転、インフレ懸念が後退したことも影響し金が売られた。

4/22
NY貴金属=金相場、プラチナ相場上昇。
終値($/OZ)
金 925.20 +7.60
プラチナ 2037.40 +10.1
NYドル/円 102.88円
NY貴金属市場の金は、上昇。外為市場でユーロが対ドルで史上最高値を更新、原油先物相場でも120ドルの大台に迫り、これを眺めたインフレ懸念から金が買われた。株価の下落も金の上昇につながった。NY外為市場でユーロが対ドルで高値を更新。欧州中央銀行(ECB)の利上げ観測が浮上した。

4/21
NY貴金属=金、小幅高。プラチナ下落。
終値($/OZ)
金 917.60 +2.40
プラチナ 2027.30 -44.00
NYドル/円 103.26円
週明けNY貴金属市場の金は、原油高やドル安を背景に小幅高で引けた。朝方は原油先物相場が再び最高値を塗り替えたことで、インフレヘッジとしての金に買いが集まった。終盤、ドルが対ユーロで若干強含んだことで上げ幅を縮小した。一方、プラチナは、宝飾関連取引に伴う価格上昇を抑えようとする動きで、ファンド筋の売りで大幅下落して引けた。

4/18
NY貴金属=金相場下落。プラチナ相場上昇。
終値($/OZ)
金 915.20 -27.70
PT 2071.30 +9.80
NYドル/円 103.70円
週末NY貴金属市場の金は、下落。主要企業の決算をきっかけに米景気の先行き懸念が和らぎ、安全資産としての金の魅力が低下した。シティーグループが早朝発表した1-3月期の決算内容に各金融市場が大きく反応したが、信用危機の収束は近いとの観測が広がったことで、株価が急伸、ドルも大幅に上昇した。これを眺めて金は売られた。NY外為市場でドルは、対円で大幅上昇し約7週間ぶりの高値をつけ、対ユーロも最安値から大きく戻した。

4/17
NY貴金属=金相場下落。プラチナ相場上昇。
終値($/OZ)
金 942.90 -5.40
プラチナ 2061.50 +24.20
NYドル/円 102.54円
NY貴金属市場の金は、下落。前日は、原油先物相場の高騰につられ、金も約3週間ぶりの高値で終了。これを受け、17日は利益確定の売りが出たが、下げ幅は限定的だった。ユーロが対ドルで最安値に近い水準で推移していることも金売りに歯止めをかけた。

4/16
NY貴金属=金相場、プラチナ相場上昇。
終値($/OZ)
金 948.30  +16.30
PT 2037.30  +50.90
NYドル/円 101.82円
NY貴金属市場の金は、上昇。ドル安や原油高騰を手掛かりに金が買われた。欧州中央銀行(ECB)の利下げ観測が後退する中、低調な住宅指標を嫌気しドル売りが進行し、ドルが対ユーロで最安値を更新。これを眺めて金に資金が流入した。一方、プラチナは、南アフリカの電力問題による供給懸念から大幅上昇した。

4/15
NY貴金属=金相場、プラチナ相場上昇。
終値($/OZ)
金 932.00 +3.30
プラチナ 1986.40 +4.90
NYドル/円 101.85円
NY貴金属市場の金は、小幅上昇。原油先物相場が一時113.90ドルまで急伸し史上最高値を更新した。これを眺めて、インフレヘッジとしての金が買われたが終盤、外為市場でドルが買い戻されると上げ幅を縮小した。

4/14
NY貴金属=金、小幅高。プラチナ下落。
終値($/OZ)
金 928.70 +1.70
プラチナ 1981.50 -46.60
NYドル/円 101.09円
週明けNY貴金属市場の金は、小幅高。朝方は堅調に推移したが、外為市場でドルが弱含みから徐々に回復すると金は圧迫され、上げ幅を縮小して引けた。一方、プラチナは、東京市場での大量の売りが引き続き海外でも継続し大幅下落して引けた。

4/11
NY貴金属=金相場、プラチナ相場下落。
終値($/OZ)
金 927.00 -4.80
プラチナ 2028.10 -16.90
NYドル/円 101.00円
週末NY貴金属市場の金は、下落。これといった材料のないなか、米複合企業ゼネラル.エレクトリック(GE)の減益決算を眺めたドル安と株安を眺めて、金も利益確定の売りが膨らんだ。NY外為市場で円が上昇。米景気懸念でリスク回避の動きが広がった。

4/10
NY貴金属=金下落、プラチナ小幅高。
終値($/OZ)
金 931.80 -5.70
プラチナ 2045.00 +0.40
NYドル/円 101.77円
NY貴金属市場の金は、下落。朝方は小幅高で始まったが、終盤、外為市場でドルが上伸したことや、原油先物相場で最高値から値を崩したことにつられ金も売られた。

4/9
NY貴金属=金相場、プラチナ相場上昇。
終値($/OZ)
金 937.50 +19.50
プラチナ 2044.60 +15.00
NYドル/円 101.74円
NY貴金属市場の金は、上昇。原油高と外為市場でのドル安を眺めて金が買われた。原油先物相場が米国在庫の大幅減少を受け一時112.21ドルまで急伸した。これを背景に金もじり高に推移した。NY外為市場でドルは、対主要通貨で下落。

4/8
NY貴金属=金相場、プラチナ相場下落。
終値($/OZ)
金 918.00 -8.80
プラチナ 2029.60 -17.30
NYドル/円 102.59円
NY貴金属市場の金は下落。前日に上値目標を突破できなかったことで、利食い売りが先行する展開となった。市場では、国際通貨基金(IMF)が金売却(推定400トン)をするとの報も下げ要因につながった。

4/7
NY貴金属=金相場、プラチナ相場上昇。
終値($/OZ)
金 926.80 +13.60
プラチナ 2046.90 +16.40
NYドル/円 102.40円
週明けNY貴金属市場の金は、上昇。原油先物相場が需給ひっ迫の高まりを受けて3週間ぶりの高値をつけたことが要因に金も買われた。 一方、プラチナも引き続き南アフリカの鉱山向け電力供給懸念から、ファンド筋の買いで上昇した。

4/4
NY貴金属=金相場、プラチナ相場上昇。
終値($/OZ)
金 913.20 +3.60
プラチナ 2030.50 +17.60
NYドル/円 101.55円
週末NY貴金属市場の金は、上昇。米経済のリセッション(景気後 退)入りが取りざたされる中で、米雇用統計の悪化を受け外為市場でドルが軟化したことが要因で金が買われたが、終盤、利食い売りに押され小幅安で引けた。一方、プラチナはアフリカの電力供給懸念の再浮上を背景に上昇して引けた。

4/3
NY貴金属=金相場、プラチナ相場上昇。
終値($/OZ)
金 909.60 +9.40
PT 2012.90 +48.30
NYドル/円 102.30円
NY貴金属市場の金は、上昇。これといった大きな材料がないなか、外為市場でドルが若干軟化したことや、原油先物相場が一時上昇したことで金は買われた。一方、プラチナは、南アフリカ共和国で電気の供給懸念が再燃したことで、ファンド筋による買いで上昇。

4/2
NY貴金属=金相場、プラチナ相場上昇。
終値($/OZ)
金 900.20 +12.40
プラチナ 1964.60 +26.8
NYドル/円 102.31円
NY貴金属市場の金は、上昇。外為市場での一時的なドル相場の下落と原油高を受け金が買われた。前日に大幅安となった反動で割安感から買いが集まった。一方、プラチナも3月の自動車販売台数が落ち込んだが今後の回復するとの思惑から自動車部品の需要が見込まれ買われた。

4/1
NY貴金属=金相場、プラチナ相場下落。
終値($/OZ)
金 887.80 -33.70
プラチナ 1937.80 -105.60
NYドル/円 101.86円
NY貴金属市場の金は、下落。外為市場でのドル高や原油価格の下落に伴い金も下落した。スイス金融大手のUBSとドイツ銀行の巨額損失計上の見通しを示したことでドル相場が堅調になり、これが引き金に金も売られた。一方、プラチナも産業不振による需要減少の懸念から大幅下落した。

ページの先頭へ