国内公表(買取価格1gあたり)
金 5,072円 (+15)
プラチナ 3,777円 (+15)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,347.90ドル (+4.80)
NYプラチナ 1,007.80ドル (+3.50)

海外金市況コメント

2/1、ニューヨーク市場の金相場は上昇。金は引き続き外為市場のドル安ユーロ高を受けて上昇した。エバーバンク・ワールド・マーケッツのクリス・ギャフニー社長は「連邦準備制度理事会(FRB)の年内3回の利上げ計画に水を差す可能性の一つは賃金だ。失業率の低下と共に、雇用は確実に増え続けているが、賃金は難しい状態だ」と述べた。ギャフニー氏は、失業率が低下し、賃金が上昇すれば、景気の力強さが示され、ドル高になり、金を圧迫する可能性があると指摘した。