国内公表(買取価格1gあたり)
金 4,938円 (+27)
プラチナ 3,586円 (+33)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,269.60ドル (+5.40)
NYプラチナ 921.50ドル (+7.40)

海外金市況コメント

12/20、ニューヨーク市場の金相場は上昇。金はドル安ユーロ高を受けて上昇。米税制改革法案は成立の見通しとなったが、相場には影響を与えなかった。終盤、11月の米中古住宅販売件数が市場予想を大きく上回ったことで、金は売られて上げ幅を縮小した。ディロン・ゲージ・メタルズの投資サービス担当執行副社長、ウォルター・ペホウィッチ氏は「祝日の週が近づく中、金は1250~1270ドルのレンジ取引が続いている」と指摘。「米金融市場関係者の多くがポジション整理を行っているようで、クリスマス休日後の新年に備えている」と述べた。