国内公表(買取価格1gあたり)
金 4,956円 (-5)
プラチナ 3,612円 (-30)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,277.70ドル (-4.60)
NYプラチナ 926.00ドル (-14.60)

海外金市況コメント

12/4、ニューヨーク市場の金相場は下落。米税制改革への期待から米株価が上昇し、金は売られた。トロントのTDセキュリティーズの商品ストラテジスト、ライアン・マッケイ氏は「税制改革法案は、金相場にとって弱材料となる。なぜならば、同法案は米国の成長を後押しし、米連邦準備制度理事会(FRB)が追加利上げを行う可能性を大きくするからだ。利上げは、金のような金利を生まない資産にとって弱材料だ」と述べた。