国内公表(買取価格1gあたり)
金 4,964円 (+8)
プラチナ 3,644円 (+20)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,294.40ドル (+7.10)
NYプラチナ 950.80ドル (+5.50)

海外金市況コメント

11/27、ニューヨーク市場の金相場は上昇。新規材料のない中、北朝鮮で弾道ミサイル発射の兆候が見られるとの報を受けて、金は買われた。しかし、その後に米ダラス地区連銀のカプラン総裁が近い将来における利上げは適切との見解を示したことで、金は上げ幅を縮小した。RJOフューチャーズの商品ストラテジスト、ジョシュ・グレーブス氏は「公聴会はリスクオンと捉えられ、金にとってポジティブとなる可能性がある」と分析した。