国内公表(買取価格1gあたり)
金 4,990円 (-5)
プラチナ 3,597円 (+4)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,287.80ドル (-13.90)
NYプラチナ 921.50ドル (-3.20)

海外金市況コメント

9/27、ニューヨーク市場の金相場は下落。前日にイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長が追加利上げに前向きな姿勢を示したことで、金は売りが継続。また、8月の米耐久財受注が市場予想を上回り、これを受けてドル高ユーロ安が進行し金は圧迫された。TDセキュリティーズのバート・メレク氏は、8月の米耐久財受注額が増加したことも金相場への圧力となっていると指摘。「トレーダーは、米経済の改善に自信を強めている。FRBが追加利上げを行う用意があることを示唆するものだ」と述べた。