国内公表(買取価格1gあたり)
金 4,815円 (-9)
プラチナ 3,555円 (-16)
NY市場(終値ドル/トロイオンス)
NY金 1,260.00ドル (+10.60)
NYプラチナ 926.40ドル (+3.70)

海外金市況コメント

7/27、ニューヨーク市場の金相場は上昇。米連邦公開市場委員会(FOMC)が公表した声明で、インフレ見通しが下方修正されたことで追加利上げ観測が後退。これを受けて金に買いが集まった。ただ、その後発表された6月の米耐久財受注が市場予想を上回ったことや、米株価が最高値を更新したことで、売られる場面も見受けられた。永豊金融集団(香港)の調査責任者のマーク・トゥー氏は「米連邦準備制度理事会(FRB)が経済の短期的なリスクを中立にみていることを考慮すれば、市場が近い将来、少なくとも今四半期に3度目の利上げがあると見込んでいるとは思えない」との見方を示した。